2015年1月1日木曜日

2014年に注目を集めたフィリピンスタートアップのまとめ

どこにニーズあるの、、、というテーマですが、
フィリピン・マニラでスタートアップしている立場にいますので、
日本語でまとめてみたいと思います。

※本当は東南アジア新興国の主要なスタートアップ情報をまとめようとしたのですが、
想像以上に時間がかかりそうだったので、フィリピンだけ。
ASEAN全体については、East Venturesの@obnty 君がブログでまとめてくれると期待しています。
※情報ソースはほとんどTechinAsiaです。

IPOしたスタートアップ
Xurpas


直近で話題になったのは、マニラベースのモバイルコンテンツ(※主にゲーム)を作っているXurpas。

2014年12月にIPOし、その数週間後にシンガポールベースのAltitude Games Pte. Ltdを買収するなど、積極的に動いています。
そもそもフィリピンの株式市場(PSE)に上場している企業数が250社程度しかない中で、
IT企業のXurpasが上場した、ということもあり、こちらの界隈では結構話題になりました。
創業から10年以上、VCからの調達を実施せずのIPO。売上は2013年時点で$4.2Mとのこと。

Straight to IPO: How Philippine tech company Xurpas grew without venture capital
Philippine tech company Xurpas sizzles in market debut
Xurpas buys into Singaporean IT firm
Xurpas to raise P1.4B funds through IPO

資金調達したスタートアップ

ZAP Group


NFCタグを活用し、飲食店などでキャッシュバックを受けることができるZap。
既にKickstart Venturesからシードラウンドを調達済みでしたが、
今年になってさらにSiemer Ventures, Seawood Capitalから追加調達を行いました。既存のKickstart Venturesも追加出資し、合計$850Kの調達。
昨年、実際に使おうとしたら、会員登録でエラーが起きて使えませんでした。
なんでだろう。。

Zap’s ambitious plan to transform retail rewards in the Philippines
Consumer rewards service ZAP secures $850,000 funding, set to expand across Southeast Asia in 2015



Ayannah


モバイル決済、送金サービスのSendahを運営するAyannah。
2013年から合計$3.5M集めているので、フィリピンの中ではかなり巨額を集めているな、という印象。
投資家陣は、IMJ Investment Partners、Beenos、Golden Gate Ventures、GREE Ventures、その他、といった構成。
IMJ、Beenos(旧ネットプライス)、GREEと、日系色が強い印象。
※事業内容的にGMOベンチャーパートナーズが入っていそうだけどな、、と思ったり。

Filipino Gift-remittance Startup Ayannah Gets $1M Angel Round(2013年)
Ayannah Raises $1M To Serve The Philippines’ Rapidly Growing Remittance Market(2014年)
Gree Ventures joins $1.5M fundraising round for Philippine remittance startup(2014年)



ZipMatch


2回目のシードラウンドを2014年8月にクローズした、不動産マーケットプレイスのZipMatch。
今回の調達額は$550K。合計で$1Mの調達をしています。

新規出資したのが、Beenos (旧ネットプライス)、Alps Ventures。
既存投資家による追加出資が、500 StartupsとIMJ Investment Partners。
3月に行われたEchelon Philippines 2014のファイナリストで、
登壇しているスタートアップの中では一番数字が出ていたような印象がありました。
フィリピンの不動産投資もかなり盛り上がっているので、狙っているマーケットは魅力的。

Philippine real estate marketplace can afford a bigger apartment with latest funding round
How one startup raised money on a beach and how you can, too



FourEyes


9月にKickstart Ventures、Wavemaker Partner、Future Now Venturesたちから$350K調達した、
オンラインメガネ販売のFourEyes。OhMyGlassesのフィリピン版です。
彼らもEchelon Philippines 2014のファイナリストしており、2位を受賞していました。
このビジネスはちょっとフィリピンには早すぎるのでは、と思っていたら、シンガポール市場でも11月からサービス開始したようです。

Prescription glasses from S$88? You can now buy them online in Singapore
Four Eyes aims to be Philippines’ Warby Parker, sells cheap prescriptive eyewear online
Four Eyes eyes expansion with $350,000 funding round



Ritmo Learning Lab


Ritmo Learning Labは、音楽を通じたキッズ向け教育アプリ「JoomaJam」を展開しています。
2回目のシードラウンドとして、Kickstart VenturesとProudcloudから$60Kを調達したようです。
ここもEchelon Philippines2014のファイナリスト。

Joomajam is an interactive app that lets bands and singers help in children’s learning



mClinica


フィリピンのモバイル✕ヘルスケア領域で注目されているのが、mClinica。
モバイルを通じて薬局や薬のディストリビューター、患者さんを繋いでいくサービス。
500 Startups、IMJ Investment Partners、Kickstart Venturesから調達。金額は非公開。
市場がかなり大きく、ローカルのネットワークを作っていくには参入障壁が非常に高いため、かなり有望なスタートアップだと思う。
新興国特有の課題や市場構造にあわせたビジネスで、個人的にとても興味深い。
薬局ネットワークはすでに1400を超えており、2000万人以上の顧客と接触できる規模にあるという。
ハーバード大学を卒業した創業者は、ロシュ、ジョンソンアンドジョンソン、ファイザーといったキャリアを進み、起業に至るというピカピカのキャリア。
フィリピンからシンガポールに本社を映し、
今後はインドネシア、ベトナム、タイといった国にも展開予定。

This Harvard graduate’s startup is making a difference in Philippine health care



CashCashPinoy


フィリピン版のグルーポンであるCashCashPinoyが、
2014年11月にシンガポール拠点のHera Capitalから$2Mの調達をしました。
2010年に$4Mの調達をしていたので、フィリピンの中ではかなりキャッシュリッチなスタートアップの一つ。
現在、150万人の会員を有し、平均月間取引数は3.5万回。

CashCashPinoy gets $2M funding for daily deals battle



DragonPay


決済領域に集中して投資をしているGMO Global Payment Fundが2014年11月に出資。
金額は非公表。
EC化がまだまだ進んでいない状態なので、現時点の決済市場はそれほど大きくないと思いますが、
今後は一気に大きくなると思います。

Japanese epayment giant sinks series A funding into Philippines’ Dragonpay
10 Philippine online payment methods for consumers and merchants



PayrollHero


勤怠管理・給与支払いサービスのPayroll Hero。
マニラに拠点がありますが、創業者はカナダ人。
弊社含め、多くのフィリピンスタートアップも導入しています。
Payroll Heroは2013年に500 startupsから$1Mの資金調達をしているので2014年まとめって感じではないのですが、今年になってフィリピンのファミリーマートなど大手企業にどんどん導入しているようで、着実に成長しているイメージ。

Payroll Hero gets USD 1M from 500 Startups, Hootsuite CEO, and others
PayrollHero bags deal with FamilyMart, eyes more big clients by year’s end



(追記)
YOYO Holdings


自薦ですみません。弊社です。
2014年5月に、GREE Ventures, CyberAgent Ventures, Incubate Fundから$1.3Mを調達。
新興国のアンドロイド端末にロックスクリーン広告を配信し、
スライドして解除するとモバイル通信料をチャージすることができる。
Google playに公開後、Lifestyleカテゴリで30日間連続No.1。





上記以外にもビットコインを取り扱うCoins.phや、
Payroll Heroのように2013年に資金調達したLenddo(調達額$6M)、
フィリピンスタートアップ界の雄であるKalibrrなど気になる企業はたくさんありますが、
まず代表的なものをまとめました。

フィリピンのことばかり書いてもニーズないので、今後は他の東南アジアのスタートアップについてもまとめていきます。


(番外)Rocket Internet

ベルリンにあるロケットインターネット本社入り口にて
ドイツ・ベルリンをベースとしている巨人企業のロケットインターネットですが、
2014年にフィリピン最大の通信企業、PLDT(※日本でいうNTT)から
$445Mの巨額出資を受けました。(その後10月にIPO)
ロケットインターネットはLazada, ZaloraといったEC事業をASEAN各国で展開しつつ、
EASY TAXI(タクシー配車)、food panda(デリバリー)、Lamudi(不動産)、、なども展開しており、それぞれの調達額も巨額。

ロケットインターネットについては情報多すぎるので、このくらいで。

PLDT Invests $445M In Rocket Internet To Develop Online Payment Services For Emerging Markets


0 件のコメント: